キャンプ用品

【コスパのペグ】エリッゼステークをソリステと比較!使い易さや性能は変わる?

 

どうもまめじぇふ(Twitter:@jefflymame,insta:@mamejeff1)です。

高強度の鍛造ペグで人気を博したのがsnow peakの「ソリッドステーク」通称”ソリステ”ですがそれに引けを取らず人気なペグが「エリッゼステーク」です。

エリッゼステークはソリッドステークと全く引けを取らない性能なのにコスパも高いというキャンパーにはありがたすぎるペグ!

とは言っても手元にないと違いはよく分かりませんよね。

そこで今回はソリステとエリステを比較していきます!

 

エリッゼステークとは?

「エリッゼステーク」はキャンプのテントやタープを風から守るペグ。

エリステは「村の鍛冶屋」と言う新潟県燕三条市というお店から販売されており、ソリステと同じく鍛造という製法で作られた非常に強度の高いペグです。

鍛造の中でも新潟県燕三条市で代々伝わる製法で作られているので品質も申し分ない物になっています。

エリッゼはフランス語で楕円と言う意味。なぜ楕円なのかと言うとエリステの形状が楕円の形をしていて、この形状にも意味があります。

まめじぇふ
まめじぇふ
ソリッドステークと同じ地方で作られているならかなり品質よさそう!

箱は「村の鍛冶屋」と印字された段ボール包装で温かみがあって好きでした。

 

エリッゼステークとソリッドステークのスペック比較

ではさっそくエリステとソリステのスペックを比較してみましょう。

スペック
  エリステ ソリステ
材質 S55Cスチール
サイズ(実測) 打ち込み部:9.5mm×7mm
ヘッド部:15mm×12mm
打ち込み部:Φ8mm
ヘッド部:Φ9mm
重量 77g 75g
形状 楕円
フック
長さ 18cm,28cm,38cm 20cm,30cm,40cm,50cm

材質も同じものを使っているうえに重量もさほど変わりません。

パッと見の特徴的な部分は楕円になっているかどうかと、ソリステの方が若干長めに作られているところですね。

あとサイズ感は公表値よりも1mm程大きく作られているので品質は申し分ない!

 

エリステ・ソリステの見た目・機能比較

それぞれを実際に触ってみてみると細かい違いはある物のほぼ同じ作りである事が分かりました。

ソリステに見られた基本的な機能はエリステにもしっかりと備わっていました。

共通機能

  • 鋼を鍛造で鍛えて作っている
  • 岩をも砕く強固さ
  • 曲がっても戻して使える
  • 広い円柱で打ち付けやすい
  • 引っ掛けられるフック付き
  • 穴付きで撤収も楽チン
  • メイドインジャパン
  • カオチン電着塗装

最も違うのは断面形状!

その他にも細かい違いがあったので紹介していきましょう

比較ポイント
  • エリステの断面形状は楕円
  • エリステは長さが若干短い
  • カラーの豊富さ
  • 価格はエリステの方が安い

 

円と楕円の違い

エリッゼステークは強力な圧力で潰すことで「断面形状を楕円」にしています。

楕円にしているのは単純に圧をかける事で強度を増すだけでなく、地面に打ち込んだ時に回ってしまうのを防ぐ効果もあります。

ソッリドステークの様に円形だと回りながら刺さって狙った向きにならない場合があるのでこの微妙な楕円が意外にも使い易さを加速させているんですね。

まめじぇふ
まめじぇふ
細かいところまで機能性を求めているのは作り手のやさしさが伝わります

 

エリステの方が若干短い

全長はエリステの方が2cm短く作られています。

実際に並べてみると2cmって結構デカく感じますが、実際に使うとなるとそこまで気にする長さでもないかなと思います。

むしろ2cm短い事で材料費も抑えられてコスト面にも影響あるのではと考えるとありがたいなと感じちゃいました。

因みに50cmサイズはソリッドステークのみとなっているのでどうしても長い物が欲しい方はソリステを選びましょう。

まめじぇふ
まめじぇふ
一番汎用性が高い長さは28cmだよ!

 

カラーの豊富さ

エリステはカラーバリエーションを圧倒的に多く取り揃えています。

その数11色!(調べた限りで)

まめじぇふ
まめじぇふ
ソリステはブラック一色なのでかなり魅力!

これだけ色があればテント用、タープ用でそれぞれ色を変えて管理したり、他人との差別化も出来るので持ち物管理もし易くなりますね。

特にゴールドはなんか高級感出て良いですよね!

カラーバリエーション

  1. ゴールド
  2. シルバー
  3. ブロンズ
  4. ホワイト
  5. ピンク
  6. イエロー
  7. ブルー
  8. レッド
  9. オレンジ
  10. パープル
  11. ブラック

これだけ多くの色から選べるなら自分の好きな色を選びたいですよね。

色が付いているとパッと見で視認しやすいのもメリットですね。

また塗装方法は色によって違うので気にする方は参考にしてください。

カチオン電着塗装 ブラック
粉体塗装 ホワイト、イエロー、ブルー、ピンク、レッド、オレンジ、パープル
クロームメッキ塗装 シルバー
ブロンズメッキ塗装 ブロンズ
真鍮メッキ塗装 ゴールド

因みにブラックのカチオン電着塗装は1000時間にも及ぶ塩水噴霧にも耐えるレベルの塗装です。

 

エリステの方が価格が安い

エリッゼステークの価格はソリッドステークに比べて安いのが人気のヒミツです。

まめじぇふ
まめじぇふ
性能ほぼ一緒と考えたらまあそうなりますよね
品名 セット価格(定価) 単品想定価格
エリッゼステーク(ブラック) 2,904円(8本) 約363円
エリッゼステーク(カラー) 3,608円(8本) 約451円
エリッゼステーク(メタリック) 4180円(8本) 約522円
ソリッドステーク 2,728円(6本) 約454円

こうして見るとエリステの方が91円もお得に買えてしまうという圧倒的安さが分かります!

ブルーなどのカラー系でやっと同等の価格、そしてシルバーなどになるとちょっと高めになりますが、持っている人も少なくなるので自慢できちゃいます!

 

エリッゼステークの比較まとめ

エリステとソリステを比較してみると若干の特徴の違いだけで性能面はほぼ同格でしたね。

ソリッドステークもsnow peakの公式製品なのでブランドにこだわるならやっぱりソリステ!

でもやっぱりコストを抑えたいと思えば「エリステ」といった様に決めればいいと思います。

個人的にはエリステのカラーを買うとソリステと同等の値段で他の人とアイテム差を付けられるのでとっても良いなと感じました。

好きな方を選んで自分なりのキャンプスタイルを楽しみましょう!

まめじぇふ(Twitter:@jefflymame,insta:@mamejeff1)でした。